防音対策の基礎知識|遮音・吸音・防振・制振の違いや悩み別の対処法を解説します!

防音対策をする上で、基礎知識もある程度必要です。
例えば使われている言葉についてですが遮音と吸音、また防振と制振という一見すると似ているような言葉でも意味が違いますので、確認をしておく事をお勧めします。
言葉が出てきても知らないということになりますと、業者を選ぶ時に説明を受けてもあまり深く入ってこないということが想定されるので要注意です。
まずは基本的なことぐらいは、事前に自分でも調べておく事をお勧めします。

防音対策の基礎知識|遮音・吸音・防振・制振の違いや悩み別の対処法を解説します!

防音対策をする上で、いくつか言葉が出てくることになります。
まず遮音と吸音という言葉の違いですが、遮音は音をコンクリートなどで跳ね返すことを意味します。
吸音は逆に音を吸収する事をさします。
吸収する事で音の跳ね返りなども防げることになります。
さらに防振と制振についてですが、防振は振動を抑えたいものに直接ブレーキをかける事、一方制振は振動が伝わる事を抑える事です。
基礎知識として防音対策の前に知っておくと良いでしょう。

防音対策で行われる遮音・吸音・防振・制振の違いとは?

防音対策に登場する遮音や吸音、防振に制振は一見すると同じように思えても、実際はかなり違いがあるといえるのではないでしょうか。
遮音は文字通り音を遮ることを意味しますから、障害物にぶつかると減衰する周波数に有効です。
一方、吸音は音を吸うという意味なので、こちらはぶつかると吸収されて音が小さくなるイメージです。
防振は振動が伝わるのを防ぐ対策、制振は発生する振動そのものを抑える対策となります。
いずれにしても、防音対策は複数の組み合わせで成り立つことが多いですから、違いや効果的な方法を知っておいて損をすることはないです。
防音対策は壁に厚みを持たせたり、隙間を埋めるだけで完璧ということはまずないです。
あれもこれも徹底してようやく納得のいく結果が得られるのが防音対策なので、本気で取り組もうと思えば茨の道になります。
とはいえ効果的と思われるところから取り組めば効果が実感しやすいですし、1つ1つ確かめながら進めていけますから、市販の防音製品が充実していることもあって、実は始めるのは簡単なのではないでしょうか。

外部からの騒音を防ぎたい場合に行うべき防音対策

防音対策と一口に言っても、工事を行うべき場所や工事内容は防ぎたい音によって異なりますが、建物外部からの音を防ぎたい場合は壁や窓に防音工事を行う必要があります。
外部からの騒音は、主に窓が薄く空気中を伝搬する振動が室内まで届いてしまう、もしくはエアコンの配管穴や換気口などの壁の隙間から音が伝わるのが原因なので、窓や壁に防音対策を施すことで外部からの騒音を低減することが可能です。
具体的な工事内容としては、窓に対しては防音効果が高い厚みがある防音ガラスへの変更や、既存の窓の内側にもう一枚窓ガラスを設置する二重窓工事などが挙げられます。
なお、二重窓は防音効果だけでなく、断熱性の向上にもつながり冷暖房効率も改善するというメリットもあります。
壁に対しては、エアコンの配管穴や換気口などの壁の隙間を埋める工事を行いましょう。
吸音材を使用したり、換気口を防音仕様に変更したりすれば、隙間から侵入してくる音を抑えることが可能です。

生活音が気になる場合に行うべき防音対策

隣の部屋の話し声や上階の足音などが気になる、もしくは自身が生活する上で発生する生活音が周囲に伝わるのを防ぎたい場合は、壁や床、天井に防音対策を施しましょう。
周辺住民が発する音が聞こえたり、自身が発する音が周辺に漏れてしまうのは、主に床や壁が薄いのが原因です。
そのため、隣の部屋の音が気になったり、自身の生活音が隣の部屋に漏れるのが心配だったりする場合は、壁の内側に防音材を入れるのが効果的です。
また、上階の足音で悩んでいる場合も同様で、天井裏に防音材を施すと良いでしょう。
床に対する防音対策としては、防音効果が高いカーペットやフローリングを施すのが一般的ですが、より効果を高めたい場合は床下に防音材を入れる工事を行うのがおすすめです。
なお、防音材は音を吸収して小さくする吸音材、音を反射する遮音材、発生した振動を伝搬するのを防ぐ防振材の3種類があるので、どのような騒音を防ぎたいのかによって適切なものを選択する必要があります。

楽器を演奏したい場合に行うべき防音対策

ピアノやドラムなどの楽器の演奏音は、部屋の中で発生する音の中でも特に大きな音に分類されます。
例えば、ピアノの音量は地下鉄の音量に相当する90dBと非常に大きいので、簡易的な防音対策では十分な防音効果が得られない可能性があります。
場合によっては、近隣住民からのクレームにつながる恐れがあるので、楽器を演奏したい場合は防音室を設置する工事を行うのがおすすめです。
防音対策として防音室を設置すれば、外部に漏れる音が低減されるので、心置きなく演奏を楽しむことができるでしょう。
なお、防音室の設置方法には、大きく既存の部屋をリフォームする方法と、組み立て式の防音室を室内に設置する方法の2種類があります。
広々としたスペースを希望する場合はリフォームがおすすめですが、組み立て式はリフォームを行う場合よりも費用が抑えられます。
加えて、組み立て式は用途に応じてサイズが選べるとともに、マンションでも設置できるというメリットがあります。

防音対策に関する情報サイト
防音対策の基礎知識

防音対策をする上で、基礎知識もある程度必要です。例えば使われている言葉についてですが遮音と吸音、また防振と制振という一見すると似ているような言葉でも意味が違いますので、確認をしておく事をお勧めします。言葉が出てきても知らないということになりますと、業者を選ぶ時に説明を受けてもあまり深く入ってこないということが想定されるので要注意です。まずは基本的なことぐらいは、事前に自分でも調べておく事をお勧めします。

Search